プロジェクトの品質状況をリアルタイムに分析!
Gitからソースコードの変更量を自動取得する機能を使ってみた。

テスト管理ツールCATのサポート担当の坂本です。

プロジェクトの品質状況を分析する際にソースコードの変更量に対する
バグ密度やテスト密度を指標にするときがあると思います。

CAT4.16.4では、品質分析時に利用するソースコードの変更量を、
手軽に取得し、各種指標を自動的に表示する機能を追加しました。

本記事では自動でGitからソースコードの変更量を取得できる機能を実際に設定し、
情報を表示させてみて、どのような効果があるのかを検証してみようと思います。

 

基本設定

1. Gitリポジトリ連携設定でリポジトリとサービス課題、プロジェクトを連携します。
※Gitリポジトリの連携方法の詳細はこちらを確認ください。
参考:CATとGitHubを連携してみた

[Gitリポジトリ連携画面]
Git連携設定

2. サービス設定 > サービスの基本設定 で「機能」を登録します。
ソースコードの計上先を分ける項目です。サブシステム毎などで設定します。

[サービスの基本設定画面]
機能登録

3. プロジェクト設定 > 詳細情報の設定画面で「機能別ステップ数」のデータ取得元を変更します。
データ取得元を「手動」から「Git」に変更し、画面下部の「登録する」をクリックし、
設定は完了です。

「設定の登録と同時にステップ数データを最新化する」
にチェックを入れて完了し、設定後にすぐにソースコードの変更量を最新化させます。

[プロジェクト詳細情報設定画面]
bts設定_画面

実際に登録

1.課題を起票します。
※課題を登録する際に「機能」を登録してください

[課題の新規登録画面]
課題起票画面

2.コミットログに課題ID(今回の場合は ERRW-3)を付けてコミットして課題と紐付けします。
gitコミットは課題に登録された機能とも関連付けされます。

 $git add sample.txt
 $git commit -m "テスト ERRW-3”
 $git push origin master

備考:
Gitコミットと課題を紐付けするとCATの課題参照画面から
ソースコードの変更差分を確認できます。詳しくは以下を確認ください。
参考:CATとGitHubを連携してみた

3.ソースコードの変更量を確認します。
※ソースコードの変更量を即時で反映させたいときは
「基本設定 3」で紹介した「設定の登録と同時にステップ数データを最新化する」
にチェックを入れて再設定します。

①詳細情報画面を確認する
総ステップ数の他に、追加数、変更数、削除数がわかります。

[詳細情報の画面]
Git連携イメージ_プロジェクト詳細

②機能分析画面を確認する
グラフやテーブルでケースや課題とソースコードの変更量の割合を確認できます。

[機能分析画面] gitソースコード連携グラフ

実際に設定・利用してみて感じた効果と機能の課題点

プロジェクトを分析するときに必要だったテスト密度やバグ密度の把握が非常に簡単だと思いました。
また、全体・サブシステム毎の変更量(開発規模)をもとに工数と掛け合わせて生産性が推定できますね。

課題点はコミットログに課題IDを記入しないとCATで感知できないところです。
コミット時に課題IDを書き忘れた場合でも、期間を指定して取り込めるようになればいいなと思います。

 

終わりに

CATのソースコード変更量取得機能の紹介でした。

ソースコードの変更量の確認は各種ツールやコマンド入力で取得できますが、
機能毎の変更量を取得するのはこれまで困難でした。
CAT上ですぐ確認できるのは便利だと思います。

プロジェクトの品質状況を把握したいときにぜひご利用ください!!


2019-02-06 | Posted in CATNo Comments » 
Comment





Comment