SVNとスコープ管理を連携させるその効果は?

はじめに

テスト管理ツールCATのサポート担当の坂本です。
CAT4.16で新機能が追加されたSVN連携プラグインの導入効果を検証してみようと思います。

概要
CATはSVNのリポジトリとの連携機能をプラグイン※1として提供しています。
リポジトリへコミットする際に、メッセージに課題IDを追加することによって、CATの課題とSVNのリビジョンの関連づけを自動的に行わせることが可能です。
課題の参照画面からソースコードの変更履歴を確認できるため、ソースコードがどの要件や課題に関係しているのかを把握ができます。

※1 プラグイン機能はダウンロード版限定の機能になります。

CATにSVNプラグインを設置する

[事前準備]
SVNサーバおよび以下を用意します。また、プロトコルにSVNを利用します。
・SVNリポジトリ
・SVNのユーザおよびパスワード

※SVNのプラグインはSVNプロトコルとsshプロトコルに対応しています。

[CAT側の設定手順]
① プラグインインストール
プラグインをこのページからインストールします。 
インストール後にディレクトリに配置します。
  配置先:${CAT_HOME}/catmodule/ROOT/WEB-INF/lib/

② CATを再起動します。

 $systemctl stop cat
 $systemctl start cat

    
                  
③ メニューアイコン(歯車)から[システム管理]を選択し、[プラグイン管理]をクリックしてプラグインをインストールします。
image002

④ サービスのトップ画面から「サービス設定」を選択し、「SVNリポジトリ連携設定」をクリックして、リポジトリ連携設定をSVNリポジトリとユーザID、パスワードを登録します。
image003

CATとSVNのコミットログを関連付けする

CATの課題とSVNのコミットを関連付けする
SVNでコミットする際にコミットのメッセージにCATのIDを記述することによって、CATの課題とリビジョンの関連付けを自動的に行います。
例えば、SVNのチケットにコミットする際にCAT-895のチケットと関連付けさせる場合は以下のようになります。

 $svn add sample.java
 $svn commit -m "CAT-895” 

                                        
※コミットログに課題のID(今回の場合は CAT-895)を記載することでCATの課題とSVNを関連付けすることができます。

[CATでコミットを確認する]
サンプルで起票したスコープ管理の参照画面を開き、ページ下部活動のタブのSVNをクリックするとコミットが確認できます。

図18

※ファイル名をクリックするとの更新差分が確認できます。
image005

実際の導入効果は?

以下の2点をお勧めします!

・ソースレビューコストを大きく削減可能
 スコープに紐づいたソースコードの変更内容を簡単に確認できるようになりました。
 ワークフローと組み合わせれば、Githubのプルリクエストと同じ機能を実現できます。

・問題が発生した場合でも、原因の特定が容易になる
 スコープや障害とソースコードが紐づいているので、問題発生の原因や経緯を簡単に遡って特定することができます。

まとめ

SVN連携プラグインは、実際にCAT開発チームで使っています。
とても便利な機能なので是非使ってみてください!


2018-07-27 | Posted in CATNo Comments » 
Comment





Comment